About Japanese

ABOUT MOMOTARO

Relax, Refresh and Give Beauty to Your Heart

momotaro Hair Salonは1950年代、故谷稔氏によって大阪に設立された。その後「お客様お一人お一人に、安らぎとくつろぎの提供を」をモットーに、大阪で成功を収めた谷氏は、1972年、momotaroブランドと共に、日本の技術及び、サービス精神を世界にアピールするために渡米し、ニューヨーク55丁目レキシントンアベニューにmomotaroニューヨーク本店をオープンさせた。

谷氏の帰国に伴い、momotaroニューヨーク本店の経営面及び、その志をサミー宮本が一手に引き受けたのがその6年後の事である。

更なる発展を目標とした谷氏は、帰国3年後momotaroフランクフルト店をオープンし、同時に、師の意思を尊重し続けたサミー宮本は、momotaroアトランタ店、スカースデール店をオープンさせた。

現在14店舗までに拡大された大阪momotaroは、サミー宮本同じく、故谷氏の夢を受け継いだ市橋松雄氏が経営している。

その後momotaroニューヨーク本店は1992年8月に55丁目レキシントンアベニューより、サミー宮本の憧れであった5番街Olympic Towerに移転した。

2007年9月、サミー宮本は日本の理美容師達の世界への窓口として、そして、その活躍の場を広げる第一歩への手助けとなるように『Summit Academy of New York』を設立した。

共に49丁目マディソンアベニューに移転した。現在momotaroは、日本、アメリカ、ドイツに計17店舗展開され、2012年12月には、momotaroニューヨーク40周年記念を迎えようとしている。

世界中の有名ヘアサロンで多くのmomotaro出身者達が活躍中である。

MEET THE OWNER

Sammy Miyamoto

1947年4月12日、サミー宮本は島根県に生まれる。幼少の頃より海外に憧れ続けるのと同時に、手に職をつけることを決心する。

サミー宮本は、理美容業に興味を持ち、すぐにその才能を開花させた。島根で修行を始め、大阪にその場を移し、3年後、谷稔氏の経営していた大阪momotaroに入社した。28歳の頃、ニューヨークにmomotaroを展開させた谷氏によって渡米するチャンスを与えられた。

当時、日本では業界のトップを走り、どこへ行っても「先生」と持て囃されたにも関わらず、サミー宮本は、その地位や名誉を捨ててまでも、夢を追いかけるという道を選んだ。

谷氏とサミー宮本は共に当時ほとんど認知されていなかった“日本人理美容師の技術と接客”を広げるために、日夜を問わず、時間を惜しまずその素晴らしさを訴え続けた。

渡米3年後、谷氏の帰国を機にmomotaroニューヨークの経営者となる。その後momotaroアトランタ店、スカースデール店をオープンさせるなどmomotaroを成長させ、日本にもその名を広げ、多くの有名なスタイリストを輩出した。

現在では講習会を多々こなす一方で、38年間築き上げた人脈とネットワークを活かし、日本の美容業界発展と付加価値を高めるために、研修制度やSummit Academy of New York等、日本で活躍しているスタイリスト達に将来の可能性の幅を広げる最高の環境と機会を提供している。彼らの多くは今でもサミー宮本との交流を絶やさず、ニューヨーク美容業界の父と慕っている。

「今後、日本とニューヨークのパイプ役として、日本の理美容師が海外で体験研修することにより、視野を広げ、夢を持ち、現実するという事の手助けをし続けることが私の夢である」とサミー宮本は語る。